HOME会社情報商品一覧食材マメ知識ご注文お問合せ採用情報
 
食材マメ知識


   
しそ 

シソ(紫蘇)はシソ科シソ属の植物。

ヒマラヤ、ミャンマー、中国などが原産、日本へは中国から伝わったとされています。
シソは多数の品種がありますが、通常食用に使われるのは青紫蘇(大葉)と赤紫蘇です。
 
 

 しそ(青じそ)の成分

  しそ(青じそ)βカロチンを大量に含まれるほか
  ビタミンB群(B1・B2・B6)、ビタミンC、E、Kも多くナイアシンも含みます。
  カルシウムや鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛なども豊富。

  体に必要な成分がほとんど含まれているといってもいいようです。



 しその効能

 ●アレルギー抑制●

  しそにはαーリノレン酸が含まれていて、体内でEPAという物質に変化します。
  EPAは体の免疫機能を正常にする働きがあり、アトピー性皮膚炎や花粉症などの
  アレルギー症状を緩和する効果があるといわれています。



 ●殺菌効果と食欲増進●
  しその独特の香りで、成分の半分以上を占める【ペリルアルデヒド】は【シソアルデヒド】とも呼ばれ
  強い抗菌作用や防腐効果があるため、刺身のツマや料理あしらい、薬味などに欠かさず使われています。
  食中毒予防、消化酵素の分泌促進、食欲増進など、胃の調子を整える作用もあります。



 ●ガンの抑制●
  しそ(青じそ)に含まれるβカロチンの量は、野菜の中でもトップクラス。
  にんじんのほぼ同量、かぼちゃの10倍以上にもなります。

  βカロチンは体内でビタミンAに変わり、視覚、聴覚、粘膜や皮膚を保護し、抵抗力を高める働きもあります。
  抗酸化作用より、ガン予防や老化予防に高い効果を発揮する栄養成分です。
  また、しそにはビタミンCも多く含まれており、このビタミンCもガン予防作用があると言われています。



 ●貧血予防●
  しそは、鉄と 鉄の吸収を助けるビタミンCが多く含まれているので、貧血予防の効果も期待できます。



 ●精神安定作用●
  しそは、精神安定作用のあるカルシウムを多く含んでいます。



                                      
  しその栄養成分      関 連 商 品 
 
 しその栄養成分(野菜類/しそ/葉、生)  100gあたりの数値 
エネルギー 37.0kcal  ナトリウム 1mg 食物繊維 
水分 86.7g カリウム 500mg  水溶性  0.8g
たんぱく質 3.9g カルシウム 230mg  不溶性  6.5g
脂質 0.1g マグネシウム 70mg 総量  7.3g
炭水化物 7.5g リン 70mg  脂肪酸 
ビタミンD 0μg 1.7mg   飽和  -g
ビタミンE 3.9mg 亜鉛 1.3mg  一過不飽和  -g
ビタミンK  690μg  0.20mg  多過不飽和  -g
ビタミンB1 0.13mg マンガン 2.01mg コレステロール  -mg
ビタミンB2 0.34mg ナイアシン  1.0mg     
ビタミンB6  0.19mg パントテン酸  1.00mg     
ビタミンC 26mg 葉酸  110μg     
五訂日本食品標準成分表より      

 
   
 
  しそ巻き
 




           
 
落花生  みそ そら豆 しそ ごま